脱ステロイドよりも大切なこと

アトピー性皮膚炎に悩む人に、ステロイドの副作用を心配して、
ステロイドの使用をやめる脱ステロイド(脱ステ)をする人が多くいます。

ステロイドには副作用があると聞くと、
どうしても怖くなるので気持ちは分かります。

ですが注意したいことは、
脱ステロイド自体が目的になってしまうことです。

アトピーを根本的に治してステロイドの使う必要がなくなる、
または、ステロイドを使わない治療法に取り組むため、
これからステロイドの使用をやめるというのなら良いのです。

問題なのは、副作用を心配するばかりに、
ステロイドをやめること自体が重要になってしまうことです。

本当に大切なことは、脱ステロイドをすることではなく、
アトピー性皮膚炎を治すことです。

その結果、脱ステになるわけです。

私も一時期、効果的な治療法があったわけでもなく、
ステロイドの使用をやめ「もう2度とステロイドは使わない」
と脱ステに取り組んだことがありましたが、

日に日にアトピーの症状が悪化していき、
すぐに挫折してしまったことがあります。

私はステロイドの使用を肯定も否定もしていません。

もちろん、ステロイドに頼りすぎるのは良くないと思いますが、
まったくステロイドを使わないほうが良いとも思いません。

時にはステロイドの使用が必要な時もあるでしょう。

ステロイドは即効性がある薬なので、
急にアトピーが悪化してしまった時などは、
私もステロイドに救われたことが何度もあります。

大切なのは脱ステロイドなのではなく、
ステロイドが必要ない体になることです。

私自身、アトピーを完治させることができ、
ステロイドを使うことがなくなった一人です。

アトピーを治すことを諦めないでください。

私がアトピーを治すことに成功した理由はこちら

真の意味での脱ステを目指しましょう!!

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:脱ステロイド

このページの先頭へ