サプリメントでアトピー性皮膚炎が治るのか?

アトピー性皮膚炎の治療法は世の中に溢れていると
言っていいくらい、様々なものがあるのですが、

サプリメントもその一つです。

私もこれまで、 アトピーに効果があるとされる
様々なサプリメントを試してきました。

脂漏性皮膚炎に効果があるとされる、
ビオチンだったり、ビタミンB郡であったり、乳酸菌であったり・・・

どれも効果がなかったとは言いませんが、それによって
脂漏性皮膚炎やアトピーが完治するということはありませんでした。

アトピーを治すためには食事がとても大切ですし、その中で
サプリメントを服用することは有効ではあると思うのですが、

「このサプリメントを飲めばアトピーが治る」

と言うように、
サプリメントに頼りすぎることは良くないと思います。

「これを飲めばアトピーが必ず治る」というような
特効薬があればいいんですけどね。
(そんな薬、サプリができればノーベル賞もの?)

最近、アトピー性皮膚炎に効果があるとして、
カルピス社の「アレルケア」というサプリメントが売れてます。

私もアトピーだったころなら確実に購入して
試していたと思います。

今は自分を実験体にすることができないのですが、
本当に効果があるのかとても気になります。

あれだけ広告が多いということは、
それなりに期待できるのかもしれませんね・・・

ただ、私も乳酸菌のサプリなどはいろいろ試してきましたが、
それでアトピーが治ることはありませんでした。
むしろ、ほとんど効果を感じることもありませんでした。

サプリメントを飲むだけでアトピーが治れば楽ですが、
現在そのようなサプリメントはありませんし、
私生活の改善からアトピーを治していきましょう!!

>> 医学博士も推薦するアトピー改善法

いずれは薬を塗ったりサプリを飲む必要もなく
健康的な肌を保つことが出来るようになりますよ^^

 

医学博士も推薦するアトピー改善法の実践から2週間

現在医学博士も推薦するアトピー改善法を実践している、
私の知人の山下さんの実践レポートです。

実践レポート詳細はこちら⇒ 医学博士も推薦するアトピー改善法の実践レポート

山下さんが、医学博士も推薦するアトピー改善法の
実践を始めてから2週間が経過しました。
山下さんから写真を送ってもらったので紹介します。

実践前の写真はこちら⇒アトピー性皮膚炎の治療 実践前の写真

実践から2週間の写真

脚(太もも)

アトピー 写真

太もものアトピーは、まだ跡は残っていますが、
ほとんど治り、かゆみもないとのことです。

脚だけではなく、腕など、顔以外は
アトピーの症状が出ている所もなく、
かゆみもまったくない状態のようです。

2週間ステロイドはまったく使っていないということで、
これは間違いなく「アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則」を
実践した効果だということを確信したと山下さんは話していました。

問題は顔に出ている脂漏性皮膚炎です。

顔(脂漏性皮膚炎)

脂漏性皮膚炎 画像

顔のほうはまだ効果が出ていない、
というよりも少し悪化したようにも見えます。

フケは少なくなっている分、小鼻の周りや
口の下の赤みの範囲が広がってしまっています。

前回でも書きましたが、顔の脂漏性皮膚炎には、
かなり頻繁にステロイドを使い続けていたために、
肌本来の力が失われているように思われます。

2週間、まったくステロイドを使わなかったのは、
「5年ぶりくらいになるかもしれない」ということなので、
急に極端に使わなくなった反動のようなものかもしれません。

ですので、顔の脂漏性皮膚炎に関しては、
効果が表れるまでに時間がかかるようです。

山下さんも、顔の方には効果がなかなか出ないので、
ステロイドをまた使おうか迷っているとのことでしたが、
もうしばらく我慢して様子をみることにするということです。

ということで、顔の脂漏性皮膚炎にはまだ効果が出ていませんが、
顔以外のアトピーはほとんど治ったという状態です。

もちろん、これからまた再発する可能性もありますが、
とりあえず効果があったことに、紹介した私もホッとしています。

これからも山下さんは「医学博士も推薦するアトピー改善法」の
実践を続けていくということなので、これから
顔の脂漏性皮膚炎にも効果が出てくればと思います。

また、実践が経過しましたらこちらのサイトで報告します。
気になる方は次回もご覧になってください。

次回⇒ 医学博士も推薦するアトピー改善法の実践から1ヶ月

 

医学博士も推薦するアトピー改善法の詳細はこちら↓↓

医学博士も推薦するアトピー改善法  高橋健介

 

清潔にしすぎるとアトピー性皮膚炎になる?

アトピー性皮膚炎は明確な原因が解かっていない病気ですが、
原因の1つの説として

免疫力の低下により引き起こす

と言われています。

免疫力が低下していることにより、免疫力があれば問題のない刺激や、
細菌によって、アトピー性皮膚炎になってしまうということです。

そして、その免疫力が低下する原因として、
清潔にしすぎる」という理由があります。

1つは、洗顔や体を洗う祭に、
毎回石鹸を使ってゴシゴシと力を入れすぎて洗ったり、
1日に3回など、洗う回数が多すぎたりすることです。

洗いすぎることにより、肌に必要な菌や、油分まで洗い落としてしまい、
肌の免疫力が落ちてしまい、アトピー性皮膚炎を発症する恐れがあります。

アトピー性皮膚炎が発症したことにより、「肌が不清潔だからだ」と勘違いし、
余計に体を洗いすぎ、さらにアトピーが悪化してしまう人も珍しくないようです。

もう1つは、身の回りを除菌や抗菌などにこだわり、
無菌状態など(実際に無菌状態などあり得ないそうですが)、
清潔すぎる空間で過ごすことにより、
細菌やウイルスへの免疫力がなくなってしまうことです。

特に、子供のうちからバイ菌やウイルスなどに慣れておかないと、
免疫力がつかなく、アトピー性皮膚炎になりやすくなるということです。

年々アトピー性皮膚炎の人が増えているのは、
こういった清潔思考が強くなっているからとも言われています。

不清潔がアトピー性皮膚炎を引き起こすこともあるかもしれませんが、
反対に清潔にこだわりすぎてアトピーの原因になることもあるようです。

私も、脂漏性皮膚炎を治そうと、1日に何度も洗顔をしていた時期がありましたが、
かえって脂漏性皮膚炎の症状が悪化しました。

反対に、洗顔料を使わずに1日に朝と夜、
水だけで洗顔をするようになってから、
脂漏性皮膚炎の症状が和らいだという経験があります。

何ごとも、やりすぎはよくないということですね。

 

カテゴリー:アトピーの治療心得

このページの先頭へ