アトピーが完治して3年以上が経ちました

自分のアトピーが完治して3年以上が経過しました。

正直言うと、治ってから2年くらいは
「いつか再発するんじゃないか?」
というような不安があったのですが

幸いアトピーが再発することもなく、
さすがに今は不安もなくなりました。

アトピーを根本的に治すことができた、
体質を改善することができたんだと思います。

今でも多少は気を付けていることはありますが、
苦になるなるようなことは殆どしていません。

もちろん、ステロイドなどアトピーの薬も
完治してからは1度も使っていません。

まぁアトピーではない人からすればごく当たり前なことですが、
その当たり前に幸せを感じる今日この頃です。

「一生アトピーと付き合っていくんだろうな」

このように考えていた時期もありましたが、
完治を諦めずに治療に取り組んで本当に良かったと思います。

数々の治療法とか化粧品などを試しましたが、
完治させる効果があった治療法は1つだけでした。

完治できた治療法を試したらそれ以上治療は続けないわけで、
1つということは当然と言えば当然なんですけどね^^;

それがこちらの治療法でした。

>> 医学博士も推薦するアトピー改善法

アトピーを完治させたいとお考えでしたら
一度この治療法に取り組んでみてください。

 

脱ステロイドよりも大切なこと

アトピー性皮膚炎に悩む人に、ステロイドの副作用を心配して、
ステロイドの使用をやめる脱ステロイド(脱ステ)をする人が多くいます。

ステロイドには副作用があると聞くと、
どうしても怖くなるので気持ちは分かります。

ですが注意したいことは、
脱ステロイド自体が目的になってしまうことです。

アトピーを根本的に治してステロイドの使う必要がなくなる、
または、ステロイドを使わない治療法に取り組むため、
これからステロイドの使用をやめるというのなら良いのです。

問題なのは、副作用を心配するばかりに、
ステロイドをやめること自体が重要になってしまうことです。

本当に大切なことは、脱ステロイドをすることではなく、
アトピー性皮膚炎を治すことです。

その結果、脱ステになるわけです。

私も一時期、効果的な治療法があったわけでもなく、
ステロイドの使用をやめ「もう2度とステロイドは使わない」
と脱ステに取り組んだことがありましたが、

日に日にアトピーの症状が悪化していき、
すぐに挫折してしまったことがあります。

私はステロイドの使用を肯定も否定もしていません。

もちろん、ステロイドに頼りすぎるのは良くないと思いますが、
まったくステロイドを使わないほうが良いとも思いません。

時にはステロイドの使用が必要な時もあるでしょう。

ステロイドは即効性がある薬なので、
急にアトピーが悪化してしまった時などは、
私もステロイドに救われたことが何度もあります。

大切なのは脱ステロイドなのではなく、
ステロイドが必要ない体になることです。

私自身、アトピーを完治させることができ、
ステロイドを使うことがなくなった一人です。

アトピーを治すことを諦めないでください。

私がアトピーを治すことに成功した理由はこちら

真の意味での脱ステを目指しましょう!!

 

カテゴリー:脱ステロイド

アトピーを治すにはまずは心から

アトピー性皮膚炎を完治させるためには、
まずは心が重要になってきます。

「必ずアトピーは治る」

と信じることが大切です。

反対に
「アトピーは治らないから、
一生アトピーと付き合っていかなくてはならない」

というように諦めてしまうのは良くありません。

このような気持ちになると、本当に
アトピーが治らないばかりか、ストレスによって
さらにアトピーが悪化していく恐れがあります。

ただの精神論と思うかもしれませんが、
ストレスがアトピーに影響することは、科学的に証明されています。

ストレスを解消させることにより、
アトピーが治ったという人もいるくらいです。

自分がアトピー性皮膚炎であることにより、それがストレスとなって、
アトピーの治療の妨げになってしまうことも多いでしょう。

そのような悪循環に陥らないためにも、
「アトピーは必ず治る」というように信じることが、
アトピーを完治させるために重要になってくるわけです。

アトピーによって暗い気持ちになるのではなく、
アトピーが治ること、治った後のことをイメージし、
明るく生活するように心がけましょう^^

 

カテゴリー:アトピーの治療心得

このページの先頭へ