医学博士も推薦するアトピー改善法の実践から1ヶ月

医学博士も推薦するアトピー改善法を実践している、
私の知人の山下さんの実践レポートの第4回になります。

実践レポート詳細はこちら⇒ 医学博士も推薦するアトピー改善法の実践レポート

山下さんが、医学博士も推薦するアトピー改善法の
実践を始めてからすでに2ヵ月が経過しているのですが、
2週間経過以降はこのサイトで紹介していませんでした。

山下さんから写真は送られてきているので、
今回は実践から1ヵ月の経過状況を紹介したいと思います。

実践前の写真(記事)はこちら⇒ アトピー性皮膚炎の治療 実践前の写真
実践から2週間の記事はこちら⇒ 医学博士も推薦するアトピー改善法の実践から2週間

実践から2週間で、体のアトピーの症状は善くなり、
ほとんど湿疹などの症状は見られなくなっていたのですが、
問題は顔に出る脂漏性皮膚炎です。

実践から1ヵ月の写真

脂漏性皮膚炎

画像を見れば分かると思いますが、
フケや湿疹などは出ていない状態ですが、
小鼻の周りや、口の下にまだ赤みが目立つ状態です。

実践から2週間の時の状態とあまり変化はありませんが、
若干赤みが薄くなってきたようにも思います。

2週間から1ヵ月の間も、引き続きステロイドは
まったく使わなかったということです。

医学博士も推薦するアトピー改善法を始めたと同時に、
脱ステロイドを始めたということで、脱ステも1ヵ月が経過したことになります。

本当は極端にステロイドの使用を止めるのは良くないのですが、
山下さんの場合は、リバウンドを起こすことなく、
体のほうのアトピーが再発することも、今のところはありません。

顔の脂漏性皮膚炎は、まだ改善されていませんが、
ステロイドを使わないでも悪化しないということは、
効果があるという証拠なのかもしれません。

これから顔の脂漏性皮膚炎の症状も改善するように、
山下さんはこれからも実践を続けていくということです。

完治するまでは2~3ヵ月近くかかるかもしれませんが、
治ることを信じて続けてほしいと思います。

医学博士も推薦するアトピー改善法の詳細はこちら↓↓

医学博士も推薦するアトピー改善法  高橋健介

 

このページの先頭へ