アルコールとアトピーの関係性

今回はお酒(アルコール)と
アトピー性皮膚炎の関係性についてです。

アルコールを飲むと肝臓に負担がかかります。
それによって肝臓の調子が悪くなると、
アトピー性皮膚炎の原因になる・・・

という説もあります。

特に、脂漏性皮膚炎は
肝臓と深く関係しているということも聞いたことがあります。

アトピー性皮膚炎の場合は
アルコールを飲まないほうが良いのでしょうか?

私の経験からの結論ですが、
そんな必要はありません。

私は脂漏性皮膚炎で悩んでいた頃、
アルコールを2ヶ月くらい絶ったことがありましたが、
あまり効果はありませんでした。

アトピー、脂漏性皮膚炎が治った今でも、
お酒(アルコール)はほぼ毎日飲んでいますが、
アトピーが再発することはありません。

つまり、アトピー性皮膚炎を治すために
アルコールを飲んでいけないということはありません。

ただ、アルコールに強い人、弱い人もいますし、
人によって個人差はあるかもしれません。

それと飲み過ぎは体に良くないように、飲み過ぎることが多いと、
肌のトラブル、アトピー性皮膚炎の原因になることも考えられます。

アルコールを飲むことが、必ずしもアトピーに繋がるわけでないですが、
飲み過ぎることによってどこか体の不調を起こし、
アトピーの悪化に繋がることは考えられます。

アトピー性皮膚炎は皮膚自体に問題があるのではなく、
体の不調によりそれが皮膚に表れている場合がほとんどですので、
食生活というのはとても大事な要素となります。

どちらにしても、アトピーを治す為にお酒を飲んでいけないということはないですし、
アルコールが直接アトピーの原因になることはないのは嬉しいですよね。

少なくともお酒が好きな私にとってはですが^^;

 


 

カテゴリー:アトピーの治療心得

アトピー性皮膚炎はかかなければ治る?

アトピー性皮膚炎で辛いことの一つは
かゆみが出ることだと思います。

そして、かゆみに我慢できずに
かいてしまい、それがさらにアトピーを悪化させます。

かかなければアトピーが完全に治る
というわけではないのかもしれませんが、
かかないことは、アトピーの悪化の防止にもなりますし、
かかなければ回復も早くなるのは間違いないでしょう。

ですが、かかないことはそれほど簡単ではありません。

子供がアトピーの方で、子供に対して
「かいちゃダメでしょ」 と叱る方も多いようですが、

実際にアトピーの方は分かると思うのですが、
我慢しようとしても無意識に掻いてしまいます。

特に、寝ている時は無意識にかいてしまうので、
まったくかかないようにするのは難しいのです。

ですが、寝ている時にかいてしまうのを防止するために
寝るときかかない手袋というものがあります。

これがあれば、寝ている時に無意識に掻いてしまう
ということを防ぐことが可能になります。

かくことはアトピーの悪化や、回復の妨げになるので、
アトピー性皮膚炎でお悩みの方におすすめです。

かかないだけで根本的にアトピーを治すことは出来ませんが、
掻かないことはプラスになれどマイナスにはなりませんので、
早い回復を望むのであれば掻かないことも意識したいことですね。

根本的にアトピーを治すにはこちら↓↓

医学博士も推薦するアトピー改善法  高橋健介

 

カテゴリー:アトピーの治療心得

アトピーを治すにはまずは心から

アトピー性皮膚炎を完治させるためには、
まずは心が重要になってきます。

「必ずアトピーは治る」

と信じることが大切です。

反対に
「アトピーは治らないから、
一生アトピーと付き合っていかなくてはならない」

というように諦めてしまうのは良くありません。

このような気持ちになると、本当に
アトピーが治らないばかりか、ストレスによって
さらにアトピーが悪化していく恐れがあります。

ただの精神論と思うかもしれませんが、
ストレスがアトピーに影響することは、科学的に証明されています。

ストレスを解消させることにより、
アトピーが治ったという人もいるくらいです。

自分がアトピー性皮膚炎であることにより、それがストレスとなって、
アトピーの治療の妨げになってしまうことも多いでしょう。

そのような悪循環に陥らないためにも、
「アトピーは必ず治る」というように信じることが、
アトピーを完治させるために重要になってくるわけです。

アトピーによって暗い気持ちになるのではなく、
アトピーが治ること、治った後のことをイメージし、
明るく生活するように心がけましょう^^

 

カテゴリー:アトピーの治療心得

このページの先頭へ